〈渋谷ヒカリエ〉と渋谷、
カルチャーにまつわる
最新情報をお届け。
Home > Anniversary > 渋谷ヒカリエ10周年特別連載『これがわたしのしあわせのヒント』山賀琴子編
Anniversary | 2022.04.05

渋谷ヒカリエ10周年特別連載『これがわたしのしあわせのヒント』山賀琴子編

Anniversary | 2022.04.05

渋谷ヒカリエ10周年特別連載『これがわたしのしあわせのヒント』山賀琴子編

周りに流されることなく自分ならではのしあわせの基準を持ち、それを実践している“しあわせの達人”に、日々を豊かにするための秘訣を聞いてみました。今回は山賀琴子さん。
Editor:
渋谷ヒカリエ10周年事務局

ミス青学として注目を浴び、その後モデル・女優を経て現在実業家としても活躍する山賀琴子さんに、日々を豊かに生きるための秘訣を伺いました。しあわせのヒントがきっと見つかります。

―― 日々を自分らしく楽しく生きるために、意識していることはありますか?

山賀 受け入れるという気持ちを心がけています。嫌なことがあったりうまくいがない時、気分は落ち込んでしまいますがあまり考え込まず「そんな時もあるよね!」と受け入れる気持ちでいると、あまり細かいことを気にせずに伸び伸びと楽しく毎日を過ごせる気がします。

伸び伸びと過ごすためのファッションも大事
シンプルで洗練されたアウターは秋から春まで着られてヘビロテしたアイテム

―― 起業されてから考え方やライフスタイルは変わりましたか?

山賀 起業してからは自分でお仕事やスケジュールを決められるようになったこともあり、コロナ前は時間を自由に使って頻繁に海外旅行に行っていました。他文化に触れたり美しい景色をたくさん見ることができて良い刺激をもらえ大好きなので、またコロナが落ち着いたら行きたいなと思います。考え方は基本的なところは変わっていないのですが、より周りの人のありがたみを深く感じるようになりました。責任感も以前より強く感じつつ、多方面で自立することの大切さを学んでいます。

母から教わった野菜たっぷりのブイヤベース
自立のために、自炊は積極的に取り組んでいます

―― 渋谷ヒカリエ ShinQsに出店もされていましたが、アクセサリーづくりで心がけていることを教えてください。

山賀 自分の心が躍るかどうか、ということです。もちろんビジネスですから、売れるものを作ることもとても大切です。しかし私自身がそのアクセサリーにときめき、心躍ることが何より大切かなと思っています。

―― 渋谷ヒカリエを愛用されているとのことですが、エピソードを教えてください

山賀 大学が青学だったので、学生時代から渋谷ヒカリエさんには本当にお世話になっております(笑)。 大学の帰りにちょっとスイーツを買ったり、お洋服を見たり、友達へのプレゼントも選びました。今でも仕事などで渋谷にいることが多いので、色んなシーンで利用させていただいています!

渋谷ヒカリエにて、モダンなイメージで作ってもらった赤い花束

―― 学生時代から渋谷に行かれているとのことですが、山賀さんにとって渋谷はどんな場所ですか?

山賀 難しいですが、東京でのホームという感じですかね。大学時代からほぼ毎日いましたし、社会人になり最初のオフィスも渋谷だったので、生活の大半はずっと渋谷にいました(笑)。 上京したての時は人の多さに圧倒されていましたが、今では雑多な環境がむしろ落ち着きます。

―― ご協力、ありがとうございました。

山賀 琴子
やまが・ことこ/2015年ミス青山グランプリに選ばれ、2016年に大手芸能プロダクションに入社、女優として活動したのち2019年1月23日に株式会社COTOCOTOを設立。アクセサリーブランド ENELSIA のクリエイティブディレクターを務める。2020年には、Amazon Prime『BEAUTY THE BIBLE season2』に出演。

Instagram @kotokoyamaga

渋谷ヒカリエ10周年イベント「BLOOM YOUR HAPPINESS.」の情報は順次コチラに公開していきます。

※2022年3月現在の情報です。内容など変更になる場合がございます。
※営業時間については、渋谷ヒカリエホームページでご確認ください。