〈渋谷ヒカリエ〉と渋谷、
カルチャーにまつわる
最新情報をお届け。
Home > Column > 秋の夜長にぴったりな5枚をあなたに。今宵も深酔い♬ MUSIC BAR 渋谷ヒカリエ出張版
Column2021.10.21

秋の夜長にぴったりな5枚をあなたに。
今宵も深酔い♬ MUSIC BAR 渋谷ヒカリエ出張版

Column2021.10.21

秋の夜長にぴったりな5枚をあなたに。
今宵も深酔い♬ MUSIC BAR 渋谷ヒカリエ出張版

ここは渋谷の、とあるミュージックバー。古今東西、あらゆる引き出しからお客様にぴったりの名盤を紹介してくれるこのお店、きょうも一人の女性が扉を叩きます。どうやらこの秋おすすめの映画に絡めた作品を店主が推薦してくれるようで…。
Editor:
Hanako編集部

名盤制作の裏側には、映画みたいな物語がある。

 光代ちゃん(大学生)、いらっしゃい!  秋の夜長にじっくり聴ける名盤を探しているって? 今年は伝説のミュージシャンたちが、後世に語り継がれる名盤を生み出す瞬間を描いた伝記映画、そして音楽ドキュメンタリー映画が多いんだよね。映画としても楽しめるけど、とにかく音楽が鮮明に残る作品ばかり。ということで、今日は映画の題材になった名盤を聴いていこうか。

 まずは現在公開中、デヴィッド・ボウイ(1)の傑作アルバムを、そのままタイトルにした伝記映画『ジギー・スターダスト』から。物語は1971年、イギリスでヒットを連発したボウイが、アメリカへ渡ったところ、まだ誰にも知られておらず、孤独の中で名盤にしてキャラクターである『ジギー・スターダスト』を生み出すというお話。ジギーはド派手なメイクと衣装など、音楽以外の話が語られがちだけど、アルバム自体、ボウイの作曲家として才能が爆発している。「スターマン」や「レディ・スターダスト」など、いまだにさまざまなジャンルの音楽家にカバーされているくらいなんだ。

 アレサ・フランクリン(2)の伝記映画『リスペクト』でも、名曲の誕生秘話が描かれている。アレサ演じるジェニファー・ハドソンの熱演は全編すごいけど、中でも白眉なのがドキュメンタリー映画『アメイジング・グレイス』で観ることができる、72年の教会でのライブの再現シーン。教会やゴスペルに縁がなくても、思わず心がグッっと熱くなる。教会ライブ盤『至上の愛〜チャーチコンサート』は必聴かな。

 トーキング・ヘッズのデヴィッド・バーン(3)によるライブドキュメンタリー映画『アメリカン・ユートピア』が、ロングランを記録しているね。この映画での演奏は、そのままサウンドトラック盤になっていて。アフリカやブラジルなど、複雑なリズムを再現した演奏は素晴らしい。家で聴くのもいい。そうそう、 フィッシュマンズ(4)のデビュー30周年を記念したドキュメンタリー映画も良かった。日本のロック史上に残る名盤、『空中キャンプ』のレコーディング映像は、これからも語り継がれていくと思う。

 ホイットニー・ヒューストン(5)の人生も映画になるとか。来年公開らしいんだけど、彼女の絶頂期の歌を聴きながら待つとしましょう。

1『ジギー・スターダスト』
 デヴィッド・ボウイ

【spotifyでの試聴はこちらから】

1972年発表の5作目。5年後に滅亡する人類を救済するため、地球にやってきたジギー・スターダストの活躍を描いたコンセプトアルバム。映画『スターダスト』は現在公開中。(ワーナー/1760円)

2『至上の愛〜チャーチコンサート〜』
アレサ・フランクリン

【公式リンクはこちらから】

https://wmg.jp/aretha-franklin/discography/24224/

1972年に教会で録音したライブアルバム。映画『リスペクト』では、当時の社会情勢やアレサ本人を取り巻く環境などが元になり、教会での演奏が実現したことも描かれている。心震える名盤。(ワーナー/3850円)

3『アメリカン・ユートピア・オン・ブロードウェイ』
 デヴィッド・バーン

【spotifyでの試聴はこちらから】

2019年からブロードウェイで始まったステージを、スパイク・リー監督が映画化。コードレスマイクを各楽器に装備したことで、バンドを含む全メンバー12人が振り付け参加。圧巻!(ワーナー/輸入盤)

4『空中キャンプ』
 フィッシュマンズ

【spotifyでの試聴はこちらから】

1996年発表。所謂ダブという手法をバンドへ持ち込んだことで、異形のポップサウンドを確立。名曲「ナイトクルージング」制作時の詳細は映画『フィッシュマンズ』で!(ユニバーサル/2990円)

5『ホイットニーⅡ〜すてきなSomebody』
 ホイットニー・ヒューストン

【公式リンクはこちらから】

https://www.sonymusic.co.jp/artist/whitneyhouston/discography/SICP-4689

2012年に永眠したホイットニーの生涯が、22年に伝記映画化されることが決定。現在のところ、主演はナオミ・アッキーが有力とのこと。それまで光り輝く歌声を聴きながら待ちましょう。(ソニー/1980円)

*2021年10月現在の情報です。内容など変更になる場合がございます。
*価格はすべて税込表記です。

渡辺隔週
バー店主
わたなべ・かくしゅう/ミュージックバー経営だけではなく、映画音楽だけのDJユニット、サントラ・ブラザースにも在籍。