「THE HIKARIE WINDOW」第2弾!ショーウィンドウから眺める幻想的な光を纏う渋谷の街並み。

Home > Art > 「THE HIKARIE WINDOW」第2弾!ショーウィンドウから眺める幻想的な光を纏う渋谷の街並み。
Art2023.12.07
「THE HIKARIE WINDOW」第2弾!ショーウィンドウから眺める幻想的な光を纏う渋谷の街並み。
Art2023.12.07
「THE HIKARIE WINDOW」第2弾!ショーウィンドウから眺める幻想的な光を纏う渋谷の街並み。
新たなカルチャー発信として、プロイラストレーターの作品が渋谷ヒカリエ裏のショーウィンドウ内に掲出される「THE HIKARIE WINDOW」。第2弾は日本で活躍する外国人イラストレーターが登場!彼女が描き出す、情緒的でアートな渋谷の街並みを是非、ご覧ください。
Editor:
渋谷ヒカリエ

「文化発信」をテーマに、渋谷ヒカリエ裏通りにあるショーウィンドウにアート作品が展示されるプロジェクト「THE HIKARIE WINDOW」。第2弾となる今回は、広告やパッケージ、CDジャケットなどの様々な作品を手掛け、日本で大活躍しているタイ出身のイラストレーター「YUNE」さんのイラストを展示しています。そんなYUNEさんに今回のプロジェクトへの想いを語っていただきました。

YUNE 私は日本に住んでいた時、よく渋谷の街や渋谷ヒカリエに訪れていました。海外から来た友人も必ず連れて行っていた場所なので、そんな渋谷ヒカリエのショーウィンドウで自分のイラストを発信できると聞いて、凄く嬉しかったです。想像するだけでワクワクでしたね。
YUNE When I was living in Japan, I went to the Shibuya area and Shibuya Hikarie a lot. These are places I always took my friends from overseas to visit, so when I heard that I would be able to present my own illustrations in the show windows of Shibuya Hikarie, I was so happy! Just imagining it was very exciting.

-よく渋谷に訪れていたとの事ですが、YUNE様にとって渋谷の街はどのような印象でしょうか。
-You say that you had visited Shibuya very often. What is your own personal impression of Shibuya?

YUNE 渋谷は最先端のテクノロジーやカルチャーが混ざりあって、常に新しいものが生み出されているので、渋谷に行けば新しい体験ができると思わせてくれます。コロナ禍で3年間日本に戻ることができなかったんですが、その間に自分の知っている渋谷ではないと思う程進化していて、とてもインフィニティを感じる街です。
YUNE Shibuya is a mix of cutting-edge technology and culture where new things are always being created, and this makes me think that, if I go to Shibuya, I’ll be able to experience something new. The COVID-19 pandemic, kept me from returning to Japan for three years, and I feel that over that time, Shibuya has evolved so much that I don’t think it’s the Shibuya I knew; I feel like its possibilities are infinite.

-YUNE様ご自身の渋谷にまつわるエピソードや思い出などありましたら教えてください。
-Do you have any personal reminiscences or memories related to Shibuya?

YUNE 私が日本で初めて依頼されたお仕事は「ケツメイシ」のアルバムジャケットでした。初めての作品が、憧れていた渋谷の街のあちこちで様々なグラフィックに活かされていたので、それを見た瞬間に凄く感激で涙が溢れそうになりました。
YUNE The first job I was commissioned to do in Japan was an album jacket for the hip-hop group Ketsumeishi. When I saw my first piece of work being used for various graphics here and there in Shibuya, a town I had always admired, I was practically moved to tears.

-今回のプロジェクトでもYUNE様にとって憧れの街、渋谷で作品が発信されますが、作品を制作する際に苦労したことや楽しかったことなどがあれば教えてください。
-Your illustrations for this project will be displayed in Shibuya, the town of your dreams. In the course of working on this project, what kinds of things gave you difficulty and what gave you enjoyment?

YUNE 今回は、はっきりと夕陽が沈む渋谷の光景が頭の中にあったので、それほど考える時間はかかりませんでした。ただ、通りすぎる人々に近づいて色々な角度や距離から見てもらうための、プラスαの遊び心を考えることに時間がかかりました。印刷するフィルムの種類や重ね方など、何度も実験をしたり、イラストレーターとして滅多にない機会だったので本当に楽しかったです。今後の作品のきっかけにもなるのではないかと思っています。
YUNE This time, I had a clear image in my mind of Shibuya at sunset, so I didn’t need much time to think about it. However, it did take some time to come up with an extra playful element that would attract people passing by to get closer and look at the work from different angles and distances. I was experimenting over and over again with different types of film to print on and different layering methods, and it was a rare opportunity for me as an illustrator, so I really enjoyed it. I think my work on this project will serve as an impetus for future works.

-今回の作品である夕陽が沈む渋谷の光景は、どこからインスピレーションを受けましたか?
-Where did you get the inspiration for the creation of Scenes of Shibuya at Sunset for this project?

YUNE 実は今回の作品全て「渋谷はWonderland」をコンセプトに、渋谷ヒカリエから見える渋谷の街を描いています。私はよく、渋谷ヒカリエ11Fの「スカイロビー」に行くんですが、街を眺めるのに丁度良い高さで、特にマジックアワーの時間帯は凄く素敵なんです。夕陽がオレンジ色から淡いピンクと紫のグラデーションになって、それが高層ビルのガラスに反射して。都会の中心にいながらも晴れた日には富士山が見えたり、そういった渋谷の光景がマジカルで「Wonderland」という言葉がぴったりだなと思いました。
YUNE Actually, all of these works are based on the concept of “Shibuya is a Wonderland” and depict parts of Shibuya as seen from Shibuya Hikarie. I often go to the Sky Lobby on the 11th floor of Shibuya Hikarie, which is at a perfect height from which to view the city, especially during the magic hour, when the setting sun’s color morphs from orange to light pink and purple gradations, and the reflections off the glass of the skyscrapers are amazing. Even though you are in the center of the city, you can even see Mt. Fuji on a clear day, and I thought “The sights of Shibuya are magical and the word ‘Wonderland’ fits perfectly.”

-今回の作品を見る方には、どんなポイントに注目して見てもらいたいですか。
-What kinds of things do you want people to focus on when they view your work?

YUNE 様々な角度や距離から見てほしいです。渋谷の街が変わり続けていくように、近くから見たり遠くから見たり、または別の角度から見ることで、新たな発見があると思います。作品の一つとして、鍵穴から覗いてイラストを見ていただく仕掛けもありますので、通りがかりの皆さんも是非、鍵穴を覗いて渋谷の街を見ていただきたいです。
YUNE I want them to look at my work from various angles and distances. Just as the Shibuya cityscape continues to change, I think the viewer will make new discoveries by looking at the illustrations from up close, from far away, and from different angles. One of the pieces has a contraption that lets you look through a keyhole to see the illustration, so I hope that people passing by will also look through the keyhole to see the Shibuya cityscape.

-最後に、そんな変わり続けていく渋谷の中で、渋谷ヒカリエはどのような商業施設であって欲しいと思いますか。
Finally, how would you like Shibuya Hikarie to be as a commercial facility in the ever-changing Shibuya area?

YUNE 渋谷の街は変わり続けていきますが、新しいトレンドやカルチャーが発展していくセンターであることは変わらないと思います。そんな中で渋谷ヒカリエも、引き続き時代の変化に対応しながら新しいアイデアやトレンドを取り入れる、そんな世界の注目を集める存在であって欲しいと思います。
YUNE Although the Shibuya streets will keep changing, one thing I believe that won’t change is its existence as a center of development for new trends and culture. Amidst all that, I hope Shibuya Hikarie will continue to address the changing times and incorporate new ideas and trends, so that it will attract the world’s attention.

THE HIKARIE WINDOW
ILLUSTRATOR FILE #02

YUNE
ユン
Profile:
タイのバンコク出身。
来日後、約10年ほど日本での活動を経てバンコクに拠点を戻す。
都会を彩る光を傑出した描写力で描き出し、写真では表現できないイラストレーションならではの情熱的なシーンの作品が魅力的です。
「ASAHI WHITE BEER」パッケージデザイン、「ケツメイシ」アルバムジャケット、「Honda Freed」TVCMなど、多くのクライアントアークを手がけており、現在日本で活躍するタイのイラストレーターの一人です。

YUNE
Profile:
Born in Bangkok, Thailand.
YUNE came to Japan, where she worked for about 10 years before moving her base of activities back to Bangkok.
YUNE depicts the light that colors the city with magnificent descriptive power, and produces very attractive representations of passionate scenes that are unique to illustration work, and cannot be expressed via photography.
YUNE is one of the top Thai illustrators active in Japan today, having worked on many client arcs, including the ASAHI WHITE BEER package design, album jackets by Ketsumeshi, and Honda Freed TV commercials.

Instagramはこちらから