Edited by
May.2024
May.2024
〈渋谷ヒカリエ〉と渋谷、
カルチャーにまつわる
最新情報をお届け。
Instagram 最新情報はこちら

〜「死」という切り口から今をどう生きるかを考える〜「生と死のウェルビーイング」のための「Deathフェス」が2024年4月14日(=よい死の日)を中心に渋谷ヒカリエで開催!

Home > News > 〜「死」という切り口から今をどう生きるかを考える〜「生と死のウェルビーイング」のための「Deathフェス」が2024年4月14日(=よい死の日)を中心に渋谷ヒカリエで開催!
News2024.04.08
〜「死」という切り口から今をどう生きるかを考える〜「生と死のウェルビーイング」のための「Deathフェス」が2024年4月14日(=よい死の日)を中心に渋谷ヒカリエで開催!
News2024.04.08
〜「死」という切り口から今をどう生きるかを考える〜「生と死のウェルビーイング」のための「Deathフェス」が2024年4月14日(=よい死の日)を中心に渋谷ヒカリエで開催!
「よい死の日」である4月14日を中心に、よりよく生きるために「死」というテーマと新たに出会いなおす祭典「Deathフェス」が渋谷ヒカリエ 8/で開催されます。日本の新しい文化の発信地である渋谷を舞台に、従来のようなシニアを対象とした終活ではなく、多様な側面から死を捉え直し「今をどう生きるか」を考えるトークセッションや没入型体験・ワークショッププログラムが集結。4月13日~18日は、渋谷ヒカリエ 8/へ行こう!
Editor:
渋谷ヒカリエ

いま私たちは「多死社会」を生きているのをご存知ですか?

2022年の年間死者数は157万人。
この数字は過去最多であり、40年前の2.2倍です。

2040年には年間死者数は約170万人に達し、それをピークに長い期間、高止まりすると予測されています。今の日本は超少子高齢化と同時に訪れた「多死社会」なのです。

でも、都市部への人口集中、核家族化が進む現代は、死を身近に感じる体験をしたり、話したり、考えたりする機会が昔よりも減っています。「死なない人はいない」し、「人間いつ死ぬかなんて誰にもわからない」のに、世の中を見渡すと「シニアのための終活」ばかり。

死がタブー視され、とても遠い存在になってしまっているのではないでしょうか。

また、テクノロジーの進化や多様な生き方・家族のカタチなど、従来の価値観や慣習、死生観にはおさまらないものも生まれてきています。生に関する「あたりまえ」は時代とともに変化しているのに、死に関する「あたりまえ」はアップデートされていないのが現実です。

令和の時代にあわせて、「死」から「どう生きるか」を一緒に考えよう!

私たち一人ひとりが、死というテーマのもつ多面性に気づき、
人生と地続きのものとして「自分ごと」として捉えられるようにするには、
どうしたらよいかーー。


今までの文化や風習をどのように残し、次世代に引き継いでいくかーー。


そこで一般社団法人DEATHフェスは、業界の専門家による情報提供の場ではなく、エンドユーザーが知りたいこと、考えたいことを軸に、気軽に親しみを持って、新しく死に出会い直せるフェススタイルのイベントを企画しました。


「Deathフェス」では、多様な立場の方にご登壇いただくトークセッションや「Deathテック」に新しい風を吹き込むプレイヤーによる対談ほか、入棺体験のような没入型体験・ワークショップ、「Deathスナック」をはじめとしたカジュアルな対話の場や企画展示などさまざまなコンテンツを展開します。

生と死がつながるきっかけとなるさまざまなコンテンツが揃う「Deathフェス」へ、ぜひ遊びにきてください♪

4月14日(日)には、オリンピアン為末大さんがパネルディスカッションに登壇♪ 死生観を語ります!
ポップでアートなGRAVE TOKYOの棺に入れる入棺体験ワークショップも開催
最近メディアで引っ張りだこのCGOドットコムも登場! ギャル式ブレストで死と向き合うワークショップ参加者も募集中
日蓮宗史跡 妙法寺が監修するVRを使って地獄の世界を体験できる「地獄VR」のワークショップも
2019年に米国で合法化された有機還元葬スタートアップ「Recompose」CEO Katrina Spadeさんもビデオメッセージで出演!photo by Recompose
「昼スナックママ」の紫乃ママこと木下紫乃さんも、Deathスナックで死をテーマに語ります

Deathフェス 2024 開催概要

【開催期間】
COURT 4月13日(土)~4月14日(日) 11:00-20:00
※初日は20:30まで
CUBE 4月13日(土)~4月18日(木) 11:00-20:00
※初日20:30まで・最終日18:00まで
【開催場所】
渋谷ヒカリエ 8F 8/ COURT・CUBE
【参加費】
無料 (一部有償プログラムあり)
【主催】
一般社団法人デスフェス
【URL】
X ⇒ https://twitter.com/deathfes
Instagram ⇒ https://www.instagram.com/deathfes.jp/

公式サイト

text :Deathフェス実行委員会


※2024年3月現在の情報です。内容など変更になる場合がございます。
※催事時間については、Deathフェスの公式サイトでご確認ください。
※営業時間に関しては、渋谷ヒカリエ公式ホームページをご確認ください。