〈渋谷ヒカリエ〉と渋谷、
カルチャーにまつわる
最新情報をお届け。
Home > Column > 春、うきうきする季節に聞きたい5枚。 今宵も深酔い♬ MUSIC BAR 渋谷ヒカリエ出張版
Column | 2022.03.17

春、うきうきする季節に聞きたい5枚。
今宵も深酔い♬ MUSIC BAR 渋谷ヒカリエ出張版

Column | 2022.03.17

春、うきうきする季節に聞きたい5枚。
今宵も深酔い♬ MUSIC BAR 渋谷ヒカリエ出張版

本日久々に、渋谷のとあるミュージックバーにやってきたあなた。老若男女、あらゆるお客様が行き交う止まり木のようなこの店で、ようやく見え始めた春の兆しにぴったりの曲がかかり始めた模様です…。
Editor:
Hanako編集部

暖かい季節になると、爽快な曲が聴きたいね。

萌江ちゃん(スタイリスト)、いらっしゃい! え? 渋谷の出張支店もずいぶん板についてきたって? ありがたいね。春になると、人も増えてきたから心配なことも多いけど、楽しくやらせてもらっているよ。今日は春らしく、スカッと爽快な新作を探しているって?  それなら中村佳穂(1)のニューアルバムがピッタリ! 冒頭のラップ、いや、ポエトリーリーディングに聴こえる自己紹介ソング「KAPO✌️ 」から度肝を抜かれるけど、2曲目の「さよならクレール」は勢いのあるリズムに乗る、爽快なメロディが心地いい。5曲目の「HEY日」に続く「Q日」みたいな言葉遊びの要素も楽しいし、「Hank」みたいなギターと歌を中心としたシンプルで美しい曲もあり。複数のプロジェクトが同時進行する最中の、多忙な時期に生み落とされた作品だけど、全曲聴きごたえ十分。現在の絶好調な様子が、そのまま音楽になった傑作だねぇ。

続いては、まだデビューしたばかりの4人組バンド、APES(2)の4曲入りEP。すでに都内のライブハウスでは人気を集めている王道のギターサウンド。少しヘヴィなイントロだけど、跳ねたビートの「やさしくなれない」は、思わず口ずさんじゃう感じ。歌詞はちょっと重いから、要注意だけど(笑)。

続いては、女優さんとしても大活躍中の原田知世(3)の芸能デビュー40周年記念アルバム。「一番に教えたい」などの作詞:高橋久美子、作曲:伊藤ゴローのコンビは、原田組と呼べるほどの安定感。ほかに川谷絵音や網守翔平、キセルの辻村豪文、BEATNIKSが楽曲を提供。思い思いのアプローチで新しい門出(40周年)を祝福している。

ここからはシングル。シンガーソングライターで、最近ではギタリストとしても注目を集めている
Rei(4)が、細野晴臣とコラボした「ぎゅ」。ファンキーなリズムと、どこか微笑ましいデュエットが暖かい。何度も聴いちゃう一曲だな。

 最後は冨田ラボ(5)の新曲。シンガー兼プロデューサーとして話題のぷにぷに電気を迎え、リズムにR&B要素を加えた、新しいAOR。実験と安定が伴う流石の出来!

では、また会える日を楽しみに、今日のところは閉店!

1『NIA』
 中村佳穂

【オフィシャルサイトはこちらから】

https://nakamurakaho.com/

【Spotifyでの視聴はこちらから】

映画『竜とそばかすの姫』に主演するなど、大活躍だった2021年。並行して、こんな傑作を作っていたとは…。余すところなく全曲素晴らしい大推薦盤。3月23日発売。(スペースシャワー/3,300円)

2『Catchall』
Apes

【公式サイトはこちらから】

https://apes-band.jimdofree.com/

【Spotifyでの視聴はこちらから】

平均年齢23歳の4人組バンド。眩い音色のギターとハウリングが交差する「Looser」、心地のいい余白をたっぷり取った「501」など。早くライブで見てみたい!3月23日発売(wakusei disc /配信限定)

3『Fruitful Days』
  原田知世

【公式サイトはこちらから】

http://haradatomoyo.com/

【Spotifyでの視聴はこちらから】

アコースティックな演奏に、溶け合うような温もりのある、優しい歌が心地いい。松任谷由実「守ってあげたい」のカバー、そして超名曲「シンシア」の再演も収録。3月23日発売。(ユニバーサル/3,300円)

4『ぎゅ feat.細野晴臣』
  Rei

【Spotifyでの視聴はこちらから】

藤原さくら、長岡亮介(ペトロールズ)と続いたコラボレーションプロジェクト“QUILT”に、Rei自身が尊敬する細野さん登場。是非、またステージで再共演してください!(ユニバーサル/配信限定)

5『須臾の島 feat. ぷにぷに電機』
冨田ラボ

【Spotifyでの視聴はこちらから】

ぷにぷに電気という、どこか中毒性のあるアーティスト名もいいけど、カーティス・メイフィールドの「Trippin’Out」(1980年)を彷彿とさせる、とにかく都会的な一曲。(スピードスター/配信限定)

*2022年3月現在の情報です。内容など変更になる場合がございます。
*価格はすべて税込表記です。

渡辺隔週
バー店主
わたなべ・かくしゅう/映画音楽のあれこれを雑談する「サントラ・ブラザースの今夜もハイフィデリティ」を、brutus.jp にて連載中。