〈渋谷ヒカリエ〉と渋谷、
カルチャーにまつわる
最新情報をお届け。
Home > Interview > 上限3万円で挑戦。 ラランド・サーヤの 渋谷ヒカリエでお買いもの! 【後編】
Interview | 2022.03.24

上限3万円で挑戦。 ラランド・サーヤの 渋谷ヒカリエでお買いもの! 【後編】

Interview | 2022.03.24

上限3万円で挑戦。 ラランド・サーヤの 渋谷ヒカリエでお買いもの! 【後編】

お笑い芸人のラランド・サーヤさんがいく〈渋谷ヒカリエ〉ショッピング企画第2弾! 今回は、ラランドの個人事務所「レモンジャム」の設立1周年を記念して、社員兼相方のニシダさんと副社長兼マネージャーの橋本さんへ贈るギフトを選んでもらいました。予算は前回と同じく3万円。社長のサーヤさんから見た、ふたりの仕事ぶりが金額の配分に反映されるかも!?
Editor:
Hanako編集部
サーヤ(ラランド)
お笑い芸人
1995年生まれ。2014年に上智大学のお笑いサークルで出会ったニシダさんと漫才コンビ「ラランド」を結成。フリーの芸人として2019年、2020年と2年連続でM-1グランプリの準決勝に進出して注目の的に。コスメ好きとしても知られるほか、作詞作曲とボーカルを担当する5人組バンド「礼賛」の活動も話題。

〈前編はこちらから〉

【1軒目:そうめん そそそ 研究室】

そうめん専門店でまずは腹ごしらえ!

いざお買い物開始! と思いきや、「お腹すいた…」とまずランチをすることにしたサーヤさんは、〈そうめん そそそ 研究室〉へ。こちらは小豆島特産の手延べそうめん「島の光」をベースに、スープや具材、調味料などをカスタマイズして楽しむそうめん専門店です。

オーダーしたのは、最高級そうめんの金帯、鶏白湯スープ、鶏肉ももぶつ切り、ゆで卵、大葉、カットすだち、きのこMIX、酢の組み合わせ。買い物資金をなるべく減らさないようにトッピングを厳選したそうですが、お味のほうは?

「麺がもちもちで舌触りがつるつる! 私が普段食べているそうめんとまったく違いますね。スープもやさしい味でうま~。空腹に染みる~(笑)。これでばっちり買い物できるはず!」

〈この店でお買い物!〉
Laboそうめん 1,397円
残金 28,603円

そうめん専門店らしからぬ(?)サイバーな看板が目印です。
そうめんの研究室というコンセプトから、内観や小物はラボ風に統一。「LABOのパネルもいい感じ!」
カウンター席のほかテーブル席や半個室も。おつまみやナチュラルワインもそろうから、さまざまなシーンで楽しめる。
店で発行されるORコードを読み込んでスマホ上でオーダーするシステム。
麺の種類と量、ベースの味付け、調味料、具材を選ぶ。スタッフおすすめの組み合わせ「明太クリームそうめん」「ツナと大葉のトマトつけそうめん」などを注文することも。
サーヤさんのオーダー。酢が入ったスポイト付きの瓶からもラボ感が漂う
「めちゃくちゃおいしいです! 家ではできない組み合わせが新鮮でした」
店舗情報

そうめん そそそ 研究室

■6F
■03-6450-6795

店舗情報へ

【2軒目:ザ・ノース・フェイス】

マネージャーには日頃の感謝を込めて奮発。

お腹がいっぱいになったところで、ギフト選びのお買い物スタート。アウトドアショップの〈ザ・ノース・フェイス〉で、マネージャーの橋本さんに贈る洋服を探します。

「男性に洋服を贈るときは、変に冒険しないで相手の好みに合わせるのがマストですよね。マネージャーの普段のテイストも好きな感じもわかっているので選びやすいんです」とサーヤさん。店内をひと通り眺めて「これ、すごくいいんじゃない!?」と手にしたのは新作のジャケット。ベーシックかつディテールに遊び心が効いて、春先から活躍しそうな一着です。同行していた橋本さんに試着をしてもらい、「似合う! これにしよう」と即決。お値段は17,600円。

「マネージャーには本当にいつも感謝していて、ちゃんと予算を使うつもりでした。ニシダの分は余ったお金でどうにでもなるので(笑)、ここで自分の買い物もしたいくらい!」

〈この店でのお買いもの!〉
ジャケット 17,600円
残金 11,003円

セール品を発見! 「前回のショッピングはセールに助けられましたね~」
こちらは、お店おすすめのエコバッグ(Mサイズ4,290円)。「すんごい軽い! 白がかわいいな」
上のエコバッグは、たたむとこんなにコンパクトになる。
スポーツ系のアイテムもよく着るというサーヤさん。「ニシダの分は1,000円くらい残せばいいから買っちゃおうかな…」
これがいい! と即決。「開襟で着てもいいし、ワッペンもかわいい。あまり人とかぶらないデザインがいい感じ」
試着する橋本さんを見て「アースカラー似合うよ」と太鼓判。橋本さんも「ありがたいです」とうれしそう。
ジャケットは黒とカーキの2色展開。左腕のワッペンがポイント。
店舗情報

ザ・ノース・フェイス

■4F
■03-6434-1672

店舗情報へ

【3軒目:キールズ】

テカリ防止の下地で相方の美を応援!

続いて訪れたのは、天然由来成分のスキンケアやボディケア製品がそろう〈キールズ〉こちらで相方のニシダさんへのプレゼントを選ぶといいますが…。

「最近ニシダが美容に目覚めまして(笑)キールズのハーバルトナーを使って『肌荒れがよくなった』と言っていたから、たぶんキールズが合うんです。スキンケアは合う、合わないが重要なので、相性のいいブランドで選んだほうが安心です」

日に日にきれいになっていると芸人仲間のあいだでも評判(!)というニシダさんの美を後押しするべく、サーヤさんが選んだのは「キールズ ブラー」。毛穴を目立たなくして余分な皮脂を吸着する効果があるという下地クリームです。

「私があげたクリームファンデを直に塗っていつもテカテカになっているので、ちょうどいいですね。これでしっかり肌を整えて、テレビの収録にも臨んでもらいたいなと。社長として、『もっと仕事頑張れよ!』という激励を込めて贈ります」

〈この店でのお買いもの!〉
キールズ ブラー 4,070円
残金 6,933円

1851年、ニューヨークで調剤薬局として創業した〈キールズ〉
「なにか新商品は出てるかな…」
目的別のトリートメントライン「DS」をチェック。「このラインのビタミンC美容液をリピートしています」
「たとえニシダのでも、コスメ選びは楽しいな~。きれいになったニシダにご注目ください!」
男性の愛用者も多いという「キールズ ブラー」。ナイスセレクト!
店舗情報

キールズ

■1F
■03-3499-2010

店舗情報へ

【4軒目:ディプティック】

フレグランスの高級メゾンに買えるものはあるか!?

ニシダさん、橋本さんへのギフト選びが無事に終わり、残りは6,933円。自分にも何か買いたいというサーヤさんは、フランス発のフレグランスメゾン〈ディプティック〉へ。

「〈ディプティック〉のアイテムは品のいい香りが持続するので好きですね。友人にちょっといいものを贈りたいときにもぴったりなんです。残りの金額で買えるものがあるかわからないけど、見るだけでも…!」

キャンドルやオードトワレ、ディフューザーなど、手に取ったものはすべて予算オーバー。「やっぱり無理か…」と意気消沈するサーヤさんに、スタッフさんがハンドクリームを勧めてくれました。お値段は5,500円!

「買える! 手が乾燥ぎみだったからちょうどよかったです。さらっとしたテクスチャーでべたつかないし、香りが華やか。つけるたびに贅沢な気分になれそうです。やった~」

〈この店でのお買いもの!〉
ハンドクリーム 5,500円
残金 1,433円

ボディローションやハンドウォッシュもそろう。「以前、友人にシャワージェルを贈ったらとても喜ばれました」
バラと孔雀が描かれたリフィラブル ソリッド パフューム「オー キャピタル」(8,030円)
「ケースが素敵で気分が上がりそう。でもちょっと予算オーバー…。残念!」
サーヤさんが一番心惹かれた、砂時計型のディフューザー(24,200円)
看板商品のひとつであるフレグランスキャンドル(190g)は9,130円
ムエットで香りをお試し。「魅惑的な香り…。バッグに入れておきたいな」
フレグランスキャンドルとオー ド パルファン
ハンドクリームの香りは4種類。サーヤさんが選んだのは「オー ローズ」
「自分へのギフトも買えてうれしい!」
店舗情報

ディプティック

■1F
■03-6434-1752

店舗情報へ

【5軒目:マークスアンドウェブ】

愛用ブランドでデイリーアイテムを補充

〈ディプティック〉でハンドクリームが買えたうえに、1,433円残ったうれしい状況。次が最後になりそうですが、さてどこへ? 「あそこなら、十分買い物できる!」と、サーヤさんが向かったのはB1の〈マークスアンドウェブ〉
「〈マークスアンドウェブ〉は品質が良くてリーズナブル。ハンドソープとかを自分でも使っていますし、ちょっとしたギフトとしてもかなり重宝しています」

こちらでサーヤさんが選んだのは、保湿マスク2種類とバスソルト2種類。4点で1,240円のお買い上げ。「シートマスクは乾燥対策に、バスソルトは日々のケアに欠かせないものなので買えてよかった!」
美容フリークのサーヤさんらしく、コスメでいい具合に締めくくった今回のお買い物。193円を残して終了です!

〈この店でのお買いもの!〉
モイスチャーハーバルマスク(ジャスミン、ダマスクローズ) 1枚入 各320円
ハーバルバスソルト(ゼラニウム、ヒノキ) 分包(40g) 各300円
最終残金 193円

自然派化粧品と生活雑貨を扱う〈マークスアンドウェブ〉
店頭には、その時期だけの限定品も。
バスソルトは必需品というサーヤさん。個包装だから出張などのお供にも便利。
「プチプラのものをちょこちょこ買うのもいいんですよね~」
店舗情報

マークスアンドウェブ

■B1
■03-6434-1767

店舗情報へ

【戦利品】

Laboそうめん 1,397円/そうめん そそそ 研究室
キールズ ブラー 4,070円/キールズ
ハンドクリーム「オー ローズ」 5,500円/ディプティック
ハーバルバスソルト(ヒノキ、ゼラニウム) 分包(40g) 各300円、モイスチャーハーバルマスク(ジャスミン、ダマスクローズ) 1枚入 各320円/マークスアンドウェブ
ジャケット17,600円/ザ・ノース・フェイス

【買い物を終えて】

絶妙な配分で買い物できました!

〈渋谷ヒカリエ〉を舞台にした、3万円ショッピング第二弾。今回は事務所を束ねるサーヤさんの思いが垣間見えるお買い物にもなりました。

「マネージャーには長く使えそうないいものを、ニシダには仕事にもつながる必要なものを選んだ感じです。金額は会社への貢献度から差をつけて(笑)。自分にも満足のいくものが買えたし、いい配分だったと思います。最初に〈そうめん そそそ 研究室〉でトッピングを控えめにして食事代を抑えたのが勝因ですね~。普段からよく〈渋谷ヒカリエ〉でギフトを選んでいますが、あらためて、いいお店が幅広くそろっていると感じました!」

マネージャーに買ったジャケットも着て(笑)、充実度たっぷり!

Photo : MEGUMI  text : Asami Kumasaka

*2022年3月現在の情報です。内容など変更になる場合がございます。
*営業時間については、渋谷ヒカリエホームページでご確認ください。
*価格はすべて税込表記です。