〈渋谷ヒカリエ〉と渋谷、
カルチャーにまつわる
最新情報をお届け。
Home > Interview > ジェントル飯渋谷ヒカリエ出張版高杉真宙 ×〈そうめん そそそ 研究室〉の極オム ナポリタンそうめん【後編】
Interview | 2021.08.25

ジェントル飯
渋谷ヒカリエ出張版
高杉真宙 ×
〈そうめん そそそ 研究室〉の
極オム ナポリタンそうめん【後編】

Interview | 2021.08.25

ジェントル飯
渋谷ヒカリエ出張版
高杉真宙 ×
〈そうめん そそそ 研究室〉の
極オム ナポリタンそうめん【後編】

ジェントルな方に大好きな一品を召し上がっていただく。そんなHanakoの人気連載「ジェントル飯」の、Shibuya Hikarie Entertainment TIMES出張版。俳優・高杉真宙さんの【後編】をお届けします。主演ドラマ「ホメられたい僕の 妄想ごはん」のお話から、渋谷のことにまで話は広がって…⁉
Editor:
Hanako編集部

前編の記事はこちらから

渋谷は‟東京の中心“。行くと背筋の伸びる街。

インタビュー前編で、ナポリタン愛や役作りで目覚めた料理の楽しさを語ってくれた高杉真宙さん。後編では、渋谷の街の印象や<渋谷ヒカリエ>について、お話を伺いました。

――ナポリタンがお好きということで、<渋谷ヒカリエ>内にある<そうめん そそそ 研究室>の極オム ナポリタンそうめんをご用意しましたが、きれいに完食されましたね。

高杉 本当においしかったので。ごちそうさまでした。

――召し上がる前も「いただきます」と仰っていたのがすごく自然で、いつも言っていらっしゃるんだなと思いました。

高杉 祖父から「いただきます」と「ごちそうさま」はちゃんと言うようにと育てられました。大人になったいまでも、「ちゃんと言ってるか」と確認されます。

――なんと、自然な理由はそこにありましたか…! では、お店のある渋谷には、どんなイメージをお持ちですか?

高杉 元気な街という印象が強いですね。福岡出身の僕にとって、渋谷は〝東京のど真ん中にある街〟でもあります。だからなのか、学生時代から、知り合いや友達にばったり出くわすことも多いです。いつどこで誰に見られているかわからないから、「ここは渋谷。ちゃんとしておこう」と思いながら過ごしています(笑)。

――<渋谷ヒカリエ>のイメージは?

高杉 2022年に開業10周年を迎えると聞いて驚きました。僕の中ではずっと、渋谷といえば渋谷ヒカリエなんです。僕を含めて、渋谷に行く多くの人が訪れるスポットだと思いますし、たくさん素敵なお店が入った渋谷ヒカリエで、お目当てのものを見つけてほしいですね。

――高杉さんは、<渋谷ヒカリエ>でどんなお目当てのものを見つけていますか?

高杉 舞台を見に行く時の手土産は、必ず<渋谷ヒカリエ>の地下にある<東横のれん街>でと決めています。駅からのアクセスがいいですし、いろんなスイーツが揃っているので、本当によく利用していますね。ついこの間も、プリンを買いました。あのフロアには、行けば絶対に何か見つかる安心感があるんですよ。地方から渋谷に来て、東京土産を探したい方にも、おすすめの場所です。

――大人の街へと変貌を遂げつつある渋谷ですが、高杉さんは俳優としてどんなふうに進化していきたいですか?

高杉 もっと、作品にいる意味のある役者に成長したいです。まだまだ自分のことに精一杯なところがあって、もっと作品全体のために、どう立ち回れば相手がやりやすいのか考えながら演技できるようになれたらいいですね。特に、今放送中のドラマ『ホメられたい僕の 妄想ごはん』は、僕が主演という立場で、毎話、違う女優さんを迎えています。女優さんたちにどうやったら気持ちよく演じていただけるのか、すごく考えていたつもりなのですが、もっとできることがあるんじゃないか、と思わされた作品でした。

――そのドラマも後半戦に入りました。見どころを教えてください。

高杉 僕が演じる和田理生(わだ・まさお)さんは、引き続きエンジン全開で妄想しています! この作品には、監督が4人、脚本家が5人いらっしゃって、組み合わせによってすごくシリアスな回もあれば、ギャグっぽい回もあるんです。ちょっとした演出や音楽の入り方などでテイストが変わるのが、このドラマの面白いところでもありますし、一話完結なのでどの回からでも楽しんでもらえると思います。

――高杉さんは、理生のように妄想しますか?

高杉 いや、僕、妄想は一切しません。

――ということは、現実主義?

高杉 そういうとカッコいいですが、何も考えていないだけです。人生の3割くらいはぼ~っとしてると思います(笑)。もうちょっと自分に妄想力があるといいですね。

――では、妄想彼女がいたとして、振る舞いたい手料理は?

高杉 ライスコロッケ! ナポリタンともう一つ、すごく上手く作れたメニューなんです。菜箸を油の中に入れてみたけど、油の温度わからないなあと思いながらも、揚げたらおいしかったので、少しは自信があるかな。

高杉真宙
たかすぎ・まひろ/1996年生まれ、福岡県出身。2009年より俳優活動をスタート。近年の出演作に『賭ケグルイ』シリーズや映画『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら』など。放送中のアニメ「RE-MAIN」に、声優として福井晃久役で出演。また、最新主演ドラマ『ホメられたい僕の 妄想ごはん』は毎週土曜日放送中。
(c)ホメられたい僕の 妄想ごはん
店舗情報

自分で麺、量、味付け、具材を選び、好みのそうめんを研究しながら楽しめる。極オム ナポリタンそうめん1,320円は、渋谷ヒカリエ限定メニュー。

そうめん そそそ 研究室
■03-6450-6795
■6F

店舗情報へ

Photo : Hiromichi Uchida(The VOICE) styling : Shuichi Ishibashi  hair & make : Sayaka Tsutsumi text : Sakiko Koizumi

ハイネックニット¥28,600、パンツ¥25,300(共にサバイ/HEMT PR☎03-6721-0882)その他スタイリスト私物

*2021.7月現在の情報です。内容など変更になる場合がございます。
*営業時間については、渋谷ヒカリエホームページでご確認ください。